安全性を高めるなら網入りガラスを強度の高いガラスへ交換

網入りガラス交換時の注意点

網入りガラス、安全のために交換したい!でも勝手に交換してはいけないって本当ですか?注意点をまとめます。

網入りガラスは勝手に交換してはいけない?

マンションやアパートには、専有部分や共有部分があります。分譲マンションの場合は専有部分の窓の交換は自由ですが、賃貸契約を行い、自分が借りている部屋の交換の場合は管理組合や大家の許可が必要になります。また、サビ割れなどが原因の場合、交換費用は大家が負担しますので、自分で交換せずにまずは大家や管理組合に相談を行うことをおすすめします。

交換時は強度の高い防火ガラスへの交換が求められます

男女

網入りガラスは防火ガラスとして家屋に採用されています。建築基準法や消防法の兼ね合いで設置されているものですので、「網入りガラスのデザインが気に入らない」という理由で交換を行うことはできません。そのため、何らかのトラブルで交換することになっても、デザインや機能性を重視したガラスを選ぶことができず、防火ガラスを導入することが義務付けられています。昨今では鉄線が入らない防火ガラスもありますので、ガラス屋に相談してみましょう。

ここで網入りガラスについて気になること

フィルムなどを貼ることで補強対策になりますか?
UVカット効果や部屋の熱効率を高めることを狙って部屋のガラス窓にウィンドウフィルムを貼る家庭が増えています。子どもによる破損防止という意味合いもあるようですね。このフィルムを貼ることによって部屋の中の温度は保たれますが、ガラスそのものの熱吸収率が増し、それが網入りガラスの場合、鉄線とガラスとの熱膨張率の差があるため摩擦が生じ、熱割れという現象が起こりやすくなります。経年劣化した網入りガラスの場合、容易に破損しますので、ウィンドウフィルムを貼ることは避けましょう。

網入りガラスを他のガラスへ交換する場合には、さまざまな注意が必要になります。法令などに詳しいガラス屋に相談するほか、防火性能などを満たしたガラス選定が求められます。また、マンションの管理組合等に相談することで、基準を満たしたガラスを利用できることもありますので自己判断は禁物です。

TOPボタン