ガラス屋のサービスで人気のある修理とガラスの種類

住宅の安全はガラスから~ガラス屋のサービス内容を知る~

ガラス

窓ガラスは採光機能・防犯・安全面など大きな機能を持っています。ガラス屋のサービス内容を知り、自分の生活を守れるガラスを利用しましょう。

ガラス屋のガラス交換サービス~ガラスの種類を知る~

単板ガラス
単板ガラスとは、自宅の窓に入っている1枚に切りだされた板ガラスのことを指しています。一般的な窓に採用される透明なガラスの他、強度を高める機能がある網入りガラス、半透明なガラス等さまざまな種類があります。単に透明なガラスといっても、UVカット機能があるガラスや結露がつきにくいガラスなど機能性を持たせた物もあるので、ガラス屋に相談してみてください。
合わせガラス
合わせガラスとは、2枚の板ガラスの間にフィルムやプレートなどで作られた中間膜を挟み、単板ガラス状に加工してあるものです。何かが打ちつけられても中間膜の効果でひびが入るのみで終わるため、防犯ガラスとして用いられています。また、ガラスの破片が飛散するリスクも防げます。商品によっては、防音効果・断熱効果をもたらすものもあるので、ライフスタイルに応じてガラス屋に相談をしてみましょう。
複層ガラス
複層ガラスとはガラスの間に空間がある商品を指しています。単板ガラスを複数枚合わせてスペーサーで空間を作ったものです。保温性に優れ結露ができにくい機能を持たせています。採用する単板ガラスの厚さによっては、防音効果を持たせることも可能です。ガラス屋では住宅事情の変遷から複層ガラスをメイン商品とする傾向にあります。
特殊ガラス
特殊ガラスは、単板ガラスと銅や銀の金属・特殊膜を張り合わせたものです。代表例としては鏡がそうですね。内側から眺望はそのままに、外から内側が見えないようにするミラーガラス等もこの一例です。防火性能や防犯性能などを高めることができますし、高層ビル等のデザイン性を高めることが可能です。ガラス屋では特殊加工が必要になるので納品に時間がかかる店舗もあります。

目的に合ったガラス交換が必要

私たちの生活の目的に合ったガラスを選ぶことで、住宅の機能性を高めることができます。光熱費の節約にもつながります。だからこそ、場所と目的に合わせトラブルの少ないガラスに交換する必要性があるのです。

網入りガラスが設置されている理由とは

アパートやマンションに網入りガラスが設置されるには理由があります。では、この理由を詳しく確認していきましょう。

網入りガラスの働き

網入りガラスはガラスとガラスの間に鉄線が入っている構造をしています。元々は防火対策として作られたガラスであり、消防法や建築基準法によって防火戸や防火設備に対し設置が義務付けられているものです。また、マンションやアパート等の集合住宅はもちろん、防火地域・準防火地域に指定されているところでは、網入りガラスの採用が義務となっています。

防犯専門家による一言メモ

網入りガラスに強度を求めてはいけません(防犯専門家)

網入りガラスは、破片の飛散防止に一役買う程度で実は防犯効果はほぼありません。鉄線入りといってもピアノ線よりも細い線です。また、網掛けの模様は多岐にわたります。鉄線が多いから性能が高いということは全くなく、デザイン性を求めた結果の模様であることも覚えておきましょう。

TOPボタン